ホーム > 企業様向け製品 > 納品までの流れ・入稿方法

納品までの流れ・入稿方法

納品までの流れ

入稿方法

データの入稿方法

  • メール(10MB前後の場合)

    入稿アドレス marumo@lime.ocn.ne.jp にお送りください。
  • 無料オンラインストレージ(データ容量が大きい場合)

    宅ファイル便、firestorageなどのデータ送信サービスをご利用ください。
    ダウンロード先のURLを貼付けたメールを上記入稿アドレスにご送信ください。
  • メディア発送(CD、DVD等)

    宅配便(クロネコヤマトか日通さんがベター)で弊社 営業本部・豊中工場までご発送ください。
<注意事項>
  • データ入稿は上記アドレスにお願いします。弊社担当営業のメールアドレスへの入稿は不可となります。
  • 入稿データを頂ければ、バージョンチェックやデータ不備の有無を確認した上でPDF校正を行います。
  • 宅配便の場合、翌日の着時間をご確認頂いて、送り状のFAXを頂けるようお願い致します。
  • でき上がりを確認するためのカンプ(お客様側でプリント)またはPDFを入稿時にお付けください。
  • llustratorデータとPhotoshopデータ(リンク画像)は同一フォルダに入れ、印刷に不要なデータは入れないでください。

入稿データ作成に関するお願い

<Illustratorデータ>
  • 保存形式

    Illustrator AI形式〈.ai〉でご入稿ください。PDF形式ではご入稿いただけません。 バージョンはCCまで対応しています。
  • フォントのアウトライン化

    必ず、フォントにアウトラインをかけてください。
  • カラーモード/カラー設定

    CMYKで作成してください。
    「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」→「CMYKカラー」
  • 不要なデータ

    不要なレイヤー、オブジェクト・点は削除してください。
    不要な点の削除:「選択」→「オブジェクト」→「余分なポイント」→「削除」
  • オーバープリント

    基本的にオーバープリントの設定をしないようお願いします。
    デザイン上、意図してオーバープリントの設定をしている場合(スミ100%乗せなど)は、入稿時に必ずお申し付けください。
  • 特色(スウォッチ)

    特色指定は必ず使用する特色をスウォッチパネルに登録してください。それ以外の特色は登録しないでください。
  • トンボを作成

    仕上がり原寸サイズにトンボを作成してください。
    「オブジェクト」→「トリムマークを作成」
    トンボのポイント数は0.2ptで設定してください。
    スウォッチ(トンボの色)は必ずレジストレーションで設定してください。
    また、塗り足しもトンボの位置まで付けてください。

<Photoshopデータ>
  • 保存形式

    Photoshop PSD形式(.psd)またはPhotoshop EPS形式(.eps)を推奨します。
    他の形式で入稿いただいた場合、形式変換時に予期せぬ変化が生じることがあります。
    バージョンはCCまで対応しています。
  • カラーモード

    CMYKもしくは、グレースケールモ−ドの画像。RGBモードの画像は印刷に対応しておりません。
  • 画像解像度

    Illustrator に配置した画像の解像度が原寸で350dpi以下にならないようにしてください。
    また大きい画像を極端に縮小して配置するなどはせず、適切なサイズで保存してください。

ファイルDEメール・ファイルDEバッグ

  • テンプレートデータ Illustrator AI形式(.ai)をお客様へお送りします。
  • 印刷用の絵柄は必ず「お客様入稿絵柄」レイヤーにレイアウトし、レイヤーの追加や削除、レイヤー名の変更をしないでください。
  • クリアファイルになる部分が透明の場合のみ、切り取りミシンのラインと絵柄の境界が同一ラインにならないように必ずミシン目をまたぐ形で最低1ミリの透明の塗り足しをつけてください。絵柄がテンプレートに対して全部印刷される場合は塗り足し不要です。

  • 白版レイヤーにレイアウトされた部材は白色インキで印刷されますので、白色印刷以外の絵柄は入れないでください。わかりにくい場合、白版のデータ作成は弊社でもできます。
  • 底辺および左右の端から内側5mmはクリアファイルの溶着部分になりますので印刷できません。絵柄は入れないでください。

  • インキの乾燥不良などの原因になりますので、画像・オブジェクトともにCMYKの合計値が300%を超えないようご協力お願い致します。

メモ/特殊メモ

  • クロス巻きメモ:表紙にクロスが出るため、大事なデザインがかぶらないようにご注意ください。

  • 巻き表紙メモ:裏面もデザインが入る場合、お忘れなく入れてください。

お問い合わせ

お電話がつながりにくい場合がございます。ご了承ください。

ページの先頭に戻る